2008年01月11日

チラシ置きは直接行ったほうがいい

水曜日、徹夜明けでフラフラしながら
4つほどの精神科等の施設にチラシをまきに行きました。
皇居のマラソンのやつです。
12日土曜日でもうギリギリなんですが
当日がよりによって雪!予報が出ているので(しかも80%)
19日に順延になるだろうと見越してのことです。

一つは、渋谷区のカウンセリングセンター。
実は、ずっと昔ここに通っていて、まあ3ヶ月くらいでやめちゃったのですが
(理由は言い訳すると空手の試合に負けるから。もちろんカウンセリング療法が合ってる人もいるでしょう)
なので怪しまれないだろうな、という目算はあった。
でも断られるかもな〜とも思ってた。
結果はOK。
入って受け付けに誰もいなかったので佇んでたら
代表者にバッタリ会って「おもしろそう、いいですよ〜」とのこと。
OK!
以前カウセを受けていた先生にも会ったらなつかしがってた。
ここは信用しているカウンセリング所だ。
代表が摂食障害には運動がいいよ!とも言ってた。
その通りだと思う。
50枚ほど置いてもらう。

2つ目は、中野区で友達が通ってて、減薬をやってる精神科。
薬はマジ害あるばかりだからね〜
でもほとんどの精神科医は薬しか出さないからね〜(言葉すらない。三分診療)
それを精神科でありながらちゃんとやるのが「いいな」と思って。
ここもアポ無し訪問。
院長はいなくて、女医さんがいた。
「ひきこもりやうつ病の人なとを集めて一緒にマラソンをやるイベントなんです」
ときちんと説明したら、受け取ってくれて
「ああいう所(ラック)に置いたり貼ったりすることになるわ。いちおう院長に聞いてみるね」
と言ってくれた。
さすがオープン。20枚ほど渡してく。

3つ目は、練馬区なのだが、到着する頃には診療時間が過ぎそうで、今日を逃すと行けない
診療時間過ぎても行けるか、電話で先に聞いておこうと思った。
これがいけなかった。
ここは、一度会ったことのある精神科医のいる病院。
で、友達が通ってて「すごくいい」とのこと。
だから選んだ。
が、先生は休み。看護士が電話に出てくれたが
「チラシといっても医療系のばかりだし、その先生に聞いてみてからにしてね」
ちっ。
直接行けば、受け取ってはくれただろう。
そりゃあ、口の説明だけだし「いいですよ〜せひ送ってください」なんてとこは稀だろう。
電話だと断ることが可能なんだよな〜。
これからは、直接行こう。

その経験を踏まえて
4つ目は、港区の精神科。
友達が何人も診療経験がある。まあ、賛否両論だが
大きいので、貼ってもらえれば人の目にもとまるだろう。
何かの本か雑誌で「いじめられていた子に、いじめっ子の気持ちをわかるために、空手道場に行かせた」
みたいなことを書いていたので、僕的には考え方はOKだと思う。
詳しいアプローチは知らないが。

というか、余談になるが、僕はカウンセリングや、精神科だけでは人は「治ら」ないと思っている。
やはり、そういうのは補助的なもの、一時的な避難所的なものであって
本当の軸は、本人の日常的な人とのつながりにあると思う。
自分が本当に大事だ、と思える人とのコミュニケーション(何かをしたあげい、何かをしてもらった)
から、そしてそこから自然に出てくるアクションから、だんだんと自分とコミット出来るようになるのではないだろうか。
もしくは、夢や、自分のどうしてもゆずれない思いだ。
自分が誰を、何を大事にしたいのか、ハッキリとわかった時、人は変わる。

まあ、それは置いといて…
ギリギリしまりそうな受付に行って、名刺とマラソンのチラシとレン空のチラシを見せて
「どうでしょうか」と説明する。
「担当者」に内線で連絡をとってくれたが
時間がとれない、とのこと。
チラシたちを渡して、担当者から後で連絡します。
とのことなので、ならばと「もしダメだったら捨てちゃってもいいので」と
チラシ3,40枚ほど渡しておく。
やはり、会えなくても、直接行ったほうがいい。
チラシを見ることで、会えなくてもイベントのイメージはわくだろうから。

そんなわけで、これかも精神科やカウンセリングセンターには
「営業」をしにまわったほうがいいだろうか。
他のいけてる精神科を調べて、まわってみようか…
「ここの精神科やカウセルームはオープンだな雰囲気だよ」「色んなイベントのチラシが貼ってあるよ」
「先生の考え方が、薬ばかりではなく、色んな方法を取り入れて(とくに運動系)治ろうってかんじだよ」
という情報募集!
レンタル空手家のHPにあるメールアドレスに送って教えてね!

今ふと思ったが、自助グループもありかなあ??


そんなわけで、これを読むみなさんも
12日、もし12日が過ぎててその日が雨だったら19日(土)に順延してるので
ぜひ皇居マラソン、一緒に走りましょう!!
posted by 遠藤一 at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | レンタル空手家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。