2007年12月03日

友達とつながり(Good!)

あまりにも書いてないので
(お客もいなかった。宣伝してなかった)
他の支援団体等に挨拶しにいって
とくに思うところあったりした時
書いていこうと思う。


今日は「Good!」に行きました。
http://www.geocities.jp/gdwcp/
ワークキャンプや、たまり場を提供している団体。


よく、行ってすごく疲れてしまう場合があるのだが
「Good!」は、行ってもあまり疲れなかった。


かなり(僕の行った中では)トップレベルに雰囲気のいい団体だと
思います。

一軒家で、スタッフや寮生たちが共同生活しているけど
他の子たちも、夜になると遊びに来て、ご飯を食べてバカ話していく。
とても仲良さそうでした。
スタッフも(代表ふくめて)自分が楽しくてやってる
っていうのが、いいかんじなんだと思う。


「レンタル空手家」は、ニーズがあるかどうかはわからないけど。


こういう所が合って、楽しくやっていく人もいるのだ。
もちろん、楽しい裏には、一人一人、色々な問題があるのだろうけど…。


でも、温かさがあった。
誰かの問題は、みんなで(出来るかぎりなら)わけあおう、みたいな?


ひきこもりに切実に必要なのは
「自分一人だけで問題解決しなくてはいけないわけではない」
という確かな実感。
そして、やがて
「自分もまた、誰かの問題解決に(出来る範囲で)協力できる」
という、「自分も力になりうる」という自信だろう。


なにより、それは、コミュニケーションだ。


「友達」と一口に言うが
何か自分に都合の悪いことがあったら、すぐに逃げ腰になったり
離れていくようなのは
友達ではない。


友達とは「お前の問題は俺の問題だよ」
と言えるような相手ではないだろうか。


good!にはそれがありそうだと思う。
そんなことをなんとなく思いました。
posted by 遠藤一 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 他の支援団体など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。