2007年07月30日

レンタル空手家・出張所/第一回

27日(土)に、オンリーワンクルー(HPのリンクにあります)
の鍋の会の前に、近くの地区会館で1時間の空手教室を開いてきました〜

今まで、レンタル空手の話をしても
興味を示してくれたり、実際にオファーしてきてくれるのが
女性ばかり(指導のアルバイトも少年部以外は「お母さんクラス」だし…)
もっと男の人たち向けの空手もやってみたいな、と思って
・気軽にやれる場所・値段
・僕のお勉強

という意味で、やりました。
(もちろん、引き続き女性の方も参加大歓迎ですよ!)

これから月2回くらいのペースでしばらくやっていこうと思うのですが
初回は3人の方が来てくれました。

一人は完全に初心者の方で
もう一人は、空手ではないけれど、武道の心得のある方
最後の一人は、僕よりランク上の(笑)他道場の先生…。

その先生をゲスト扱いにしてやろうかな?とも一瞬思ったのですが
とりあえず初回だし、僕も余裕がないので
生徒としてやっていただきました〜。

とりあえず、空手の紹介のような形で基本、受け返し、ミット
を少しづつやりました。

今回、道場の体験クラスのメニューのような形で
立ち方もきちんと、受け返しも真面目にやったのですが
もう少し、遊び感覚を取り入れて「コミュニケーション」を重視した
内容にしてもよかったかな?と思いました。

それは「先生」と初心者の方が受け返しをしていて
「殴られ屋」状態になっていて、二人とも笑いながらやっていたのを見ていて思ったことです。
「遊び感覚、コミュニケーション」のことは「先生」からも後でちょっと言っていただきました。

最後のミットは、やはり男性、力がありましたね〜
思い切り蹴ってきてくれて嬉しかったです。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

…少し、語ります。

今日来てくれた「先生」からは
「一般向けとは少し違った『ひきこもり』を対象とした創意工夫をした空手稽古法が必要かも」
という言葉をいただきました。
なんとなく、わかるのですが、僕は少し違ったように思っています。

「ひきこもり」といっても千差万別。パンチが強い人も、キックが強い人もいる。
型が得意になる人もいるだろうし、試合志向になっていく人もいるでしょう。
汗を流したい人もいれば、技術的なことを色々知りたい人も。

「ひきこもり向け」なら「攻撃欲求を安心して外に出す」
ことが大事、と僕も思ってきました。
だけど、そういう人もいれば、そうでない人もいるかもしれない、と最近感じるのです。
「ひきこもり」とくくるのではなく、僕に出来ることは
「武道・格闘技」から遠い所にあるように思っている人に、その世界の間口を広げる
「開かれているんだよ」と情報を伝える、そして仲間として格闘技の良さを共有していく
そんなところではないか、と思えてきています。

だから、あえて「コミュニケーション」「ストレス解消」に特化したメニューを作るのではなく
この、決まった日時・場所で行う開かれている「レン空・出張所」では、まんべんなく空手の基礎的なことをやっていこうと思います。

(もちろん「出張空手・レンタル空手家」では、それぞれのレベル、要望に合わせて、よりその人の望む内容に特化して行っていこうと思います。それが個人・少人数特有の“出張”稽古法だと思うので)

…ただ、僕のメニューが、お遊び、簡単に出来るコミュニケーション的なものが少ないことも事実なので
色んな稽古、練習を知っていって、これからたくさん勉強させていただきたいと思っています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


とりあえず、初回でした〜。


次は、8月11日(土)にやる予定です。
17:30花小金井駅集合、18時より芝久保地区会館体育室にて。
詳しくは、HPのトップからどうぞ〜。
参加希望の方はメールくださいな。
posted by 遠藤一 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(2) | レンタル空手家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。